teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


時代の流れ

 投稿者:太郎  投稿日:2010年 9月 2日(木)10時59分39秒
  アメブロをはじめました。このBBSが日記みたいになっていたのですがブログをリンクしたので皆さんお手数おかけしますがどうぞよろしくお願いしまーす。  
 

本日

 投稿者:太郎  投稿日:2010年 8月30日(月)23時24分2秒
  はなかなかいい疲労感です。なぜなら騒がしい4人娘の来宅でした。略して騒G4です。しかもエレキピアノ二台も持ってきました。まぁガチャガチャしてました。そのなかの一人(たぶんリーダー)はズボンの股を引き裂けたまま行動していました。なかなかできることではありません。どうしてあれだけの範囲破れてしまうのか私には到底理解できません。まさにニューオリンズに来たカトリーナ。私の部屋のダメージは震度7。唯一の救いは楽しい音をだして帰ったって事です。
騒G4どもよ!またおいで。
 

文字

 投稿者:太郎  投稿日:2010年 8月29日(日)19時31分50秒
  いやぁアメブロ、ツイッターなどはじめましたが何だかまだ勝手がわからずアタフタしてます(笑)同じとこからすすめないような。
しかし感じるのは文字や言葉は怖さもあります。どういうつもりで何を伝えるのか。何だか大して思ってないことを言葉の垂れこぼしとしてつかってるんじゃないかとか、ひたすら想いを隠すために言葉でごまかしてないかとか。でもそれはなんとなく本能で感じちゃいますよね。なぜだろう。仲間が言ってました。
少し意味はずれますがレコードからCDに移行するときにレコードは人間の耳には聴こえないはずの周波数がたくさんあるから無駄だと判断してすべてカットしたと。理屈ではレコードもCDも同じように聴こえるはずだったと。しかし実際にはまるでCDはハイがきいてますよね。レコードはまろやかで疲れません。何かやはり理屈ではないものがあるのでしょうか。その人の発した言葉がリアルかそうじゃないかも理屈じゃないですものね。
え~っ本当?って思うかな~るほど!って思うかですよね。できるだけリアリティーを持つようにいつも言葉に想いがのってるように唄えたらいいなと思ってますよ。
さぁこれからやることたくさんです。間に合わせになっちゃうと音にリアリティーありませんから日々せっせとやることにしまーす。
アメブロ、ツイッターも何か言葉だけで虚しい感じにならないようにしていきたいものです。
はい。
 

閉店

 投稿者:太郎  投稿日:2010年 8月27日(金)12時51分47秒
  渋谷のHMVつぶれましたね。私が聴く音楽はあまり置いてなくCDを出したときもかなり冷たくあしらわれた思い出がありますね(笑)店によって凄く対応が違いその後の私の通い方もまるでかわったりしましたよ(笑)

まぁ本物しか残らない時代になってきたってのもあります。中途半端にやる人は完全に消えていくでしょうしね。ある意味本当にハングリーで私達にとっては嬉しいやりがいある時代になってきましたね。
どうせいきてくならどんな職種でも今遣り甲斐を感じてなかったらよくないストレスがたまるでしょうしどこかオープンになれず引け目を感じるでしょう。

先日ラムラを久し振りにやりました。私はどこでも楽しめるのが特技です。屋根があろうがなかろうが。お世話になった場所、支えてくれたスタッフには本当に感謝しています。ありがとうございます。
今週は毎日ライヴでうれしはずかしです。これだけ毎日音に関わってけば信頼できる人はクリアになってきますね。
ちぃーす。
 

ライヴ&ミーティング

 投稿者:太郎  投稿日:2010年 8月25日(水)07時39分3秒
  二人(太郎、彩)でのライヴは面白いです。いわいるたくさん音にグルーヴ(溝、すきま)があります。どう感じてどう音を出すか、もしくはださないか。
なかなか鍛えられるからしばらく定期的にやると思います。みなさん是非とも。

そしてイベント(トラベルイントウダンスミュージック)のミーティング。今回くらいからどんな発展をみせられるか。多分メンバーの個人個人の差もでてくると思います。チューンの話は分かりやすかった。目の前の事をクリアできないと辿り着けない。自信もつかない。皆気づいたでしょうか?すなわちそれは日常の生活だってことですね。毎日のその人をみてたどり着けるか着けないかはわかる。
その後のボーリング。久しぶりもあり低レベルな争いになってしまいましたが楽しかったです。しかし私が感じた事はその久し振りって事がポイント。音楽と同じです。日常から投げてないからイメージ通りに投げられない。歌の声ととても似ています。私なんかは1週間唄わないともう声はコントロールできなくなり30分ももたなくなります。声を出すってことは体全体を鳴らすって事です。それを口から出すってことはそれを支える力がないと大きな声はでない。大きな声を出せないってことは小さな声も出せないって事ですね。ボーリングは娯楽として楽しみますがやはり勝ち負けにこだわるなら日常からやってる人にはかなわないですよね。あったりまえー。
私の大好きな先輩がよく言ってます。俺より練習してるやつは見たことないって。あんなに自由な表現をやる人がいまだにそういうなんてってよく思います。そりゃなかなか差は縮まらないですね。悔しいと思ってもやらなかったら相手になりません。ちょっとしたゲームの中にも音楽がたくさんあるのですよね。

さあ本日は飯田橋ラムラで演奏です。夕方5時過ぎからですね。もちろんただなのでみなさんお立ち寄りを。
 

晴天ですね

 投稿者:太郎  投稿日:2010年 8月22日(日)09時50分16秒
  なれないギターの指弾きをしてマメが出来そうです。そうです明日のペンギンハウス太郎&彩にそなえているのです。指でやるギターカッティングには何のハンディキャップも感じないんですがプエルトリコのピアノみたいにギターを指弾きするには少し練習が必要なようです。
わたしはきれいにジャストなリズムでやるのは物足りなさを感じてしまいます。教則本のギタリストみたいで(笑)なまりが自然に出てくるまで弾かないと。言葉と同じですね。セリフを棒読みは伝わりづらいですよね。その人独特のアクセントがリアリティーを産みます。厳密にいうと方言のなまり方も人によってかなり違いますよね。学生時代ではそいつのなまり方が学校中で流行になったりしましたね。今考えると凄く新鮮でリアリティーがあったから影響力をもったのでしょう。
私の学生時代に物凄く怖い英語の先生がいて日本訳をしろと言われると皆一言一言怒鳴り声でダメ出しされてその時間ときたらクラスは緊張感の渦。しかし私が訳するとその鬼せんこうは笑いだしお前みたいに方言で訳する奴は初めてだと。ダメ出しする気をなくすと。お前はずっとその感じで行け。東京の大学には受からんだろうがなって。受かったよ、ばーか!その時は何言われるかわかんないから必死なだけでした。しかし今となっては少しわかった気がします。私は今音楽をまさにそんな感じでやってますね。つまりたいして変わってない(笑)
例えば、あぶない より ふーっあっぶねーっ
ごめんなさい より ホント許してっ、かりは返すから! て言ったがわたしらしいきがします。かなりおおげさですが(笑)それにはその言葉が自然に出てくるまで使わないとですよね。言葉や音は想いをのせてはじめて生命がやどりますからね。

ニューオリンズで活躍しているイギリス人のアーティストが言ってました。ミュージシャンとしてや表現者として最初は模倣やコピーから入る。やがてだんだんそれもなくなり自分自身の中での工夫が始まり個性が作られるって。なるほど納得でした。わたしはいまだにコピーしたりもしますがね(笑)それを自分の色にしっかり染められれば。しかしコピーもしないで自分の世界や個性をってのはあまりにも世界が狭すぎてひとりよがりだし、先を行く人の言うことにいつまでも左右されてるのも個性はでてこない。オーラを放ってる人は自然にそのバランスをとりながらやってきてるんだと思います。
まー私は一生模倣して発見して思い切り自分色にそめていくでしよう(笑)
ちゃんちゃん
 

報告

 投稿者:太郎  投稿日:2010年 8月20日(金)22時10分42秒
  先日のダンスフロムザハートバイブスVOL.8の模様がYouTubeにアップされています。
DANCEFROMTHEHVIBESで検索していただければ観れるはずです。シュガーケーンのデビュー戦でもありましたね。
お客さんの雰囲気も自然で最高な感じかなと。
まだまだ課題は山積ですがまぁ目指してる場所が違いますからいたしかたないですねっ。
皆さん是非ともご覧ください。
 

セミ

 投稿者:太郎  投稿日:2010年 8月20日(金)13時30分12秒
  の鳴き声の種類が季節の変化を告げています。何だか嬉しいような哀しいような。

昨日はシュガーケーン。たくさん曲をやりましたがやってる時は楽しむしかありませんが課題はたくさん感じましたね。他のメンバーは知らないけど(笑)
もっともっと突き抜けたいですね。やはり日常しかないと感じます。日常と音楽が一緒になってるのかそうでもないか。興味の対象が何なのかで道は決まります。だってどんな人だって興味のないとこにはいきませんからね。私はそう信じています。コミュニケーション。世代のせいにはしたくないし時代のせいにもしたくないですよね。だとしても私が20代、30代の頃はもっと音の話をたくさんしたきがします。ライヴ中は当然で、ライヴ直前もライヴ直後もね。直接楽器をさわってなくても食事時も一服時も。でもそれは自然な事ですよね。当たり前の事。うーん。ふとした時にさびしい気持ちにもなります(笑)
それは向き不向きがあるから仕方ない事なのかもしれませんね。きっと時間とともに振り分けられていくのでしょう。
自然を自然に受け入れていきたいですね。それが必然ですからね。他人に言われようが言われまいがあまり関係ないですね。すべては自分自身が決める事ですからねっ。
なーんてね。
 

おっす

 投稿者:太郎  投稿日:2010年 8月18日(水)14時09分47秒
  DJ TUNEありがとう。
これからも一緒にいい音楽環境作っていきましょう。


歳をとればとるほど柔軟になる気がします。
わたしは若いときはやりたいこと以外は全くみむきもしない(笑)しかも意外に好き嫌いが極端にあり押す力は強いが受け入れる力は弱い。
しかし少し歳を重ねた方が何でもOKだしみたいな(笑)だから私の中では若いときの方がかたくて頑固な気がします。時が経つとどんどんいろんな事を認められる気がしますね。すてられるのか少し自信がつくのか(笑)
しかし私の周辺の10代、20代含めてもここ何年かで音楽一番伸びたのは私だと思います(笑)ほんの一人、二人は変化してるとは思いますがね。まぁ物足りないってのが本心ですね。私達は映画、スポーツ、音楽、ダンス、絵画…何をみてもいいものにはインスピレーションもらったりしますが、私達はお客さんではない。パフォーマーですからね。やる側なんです。自分があそこにたったらどうするかを常に意識してる。スポーツみてもあんな悔し泣き最近したかなとかあんなにぶれないで自分のプレイできるかなとか…。
発信する側は圧倒的なパワーがないと難しいですよね。映画みてライヴみてその気になっても何もしなけりゃ何も変わってない。
家帰ってタマゴボーロやハイチューほうばって寝てるだけじゃ何にもかわらない←私にありがち
まぁ魅力的な後輩をみるとドキドキするやら頼もしいやら、魅力的な先輩をみると身が引き締まるやら安心するやら。
そして明日はTT FUNKですね。
そして23日はペンギンハウスで太郎&彩。さあどうなることでしょう(笑)
 

Big Respect!!

 投稿者:TUNE  投稿日:2010年 8月16日(月)18時10分9秒
  カッコいいねチョキ
ストリートライブギター
観たかったぜ!!

どんな状況でもチャレンジできるのが「青春」っていうもんだ!!

タローの若々しさのベースは、そこにあるんだねチョキ

永ちゃんだって、還暦記念のタワレコ・インストアライブやったし◎o◎

若さとは「やわらかさとスピード」だね♪

Big Respect!!
 

レンタル掲示板
/13